日記 2022年9月 | 金沢工業大学周辺の不動産をお探しなら住まいサポートデスクにお任せ下さい。

【公式】金沢工業大学 住まいサポートデスク「新篁」(株式会社学侑社)

営業時間9:00~17:30(土曜日 /9:00~13:00)定休日日曜日・祝日 夏期休業期間、年末年始

日記

DIARY

金沢工業大学の指定アパートは築30年経っているものも多くあります。
30年前と言えばバブル期・・お姉さまは扇子を振ってお立ち台、就職セミナーは貸切客船でパーティ形式、会社の上司の海外出張では女子社員へのお土産はYSLの19番リップが定番!
こんな時代があったなんてねぇ・・・今や溜息しかでないです。
30年もたつと人間も古くなってきますが、中には美魔女と呼ばれるバブルのころから変わらない姿を持つ方も・・
アパートも古くなってきますが、こちらもリフォーム、リノベーションといった手を入れることで美アパートに変身。
このアパートも築30年、ユニットバス、洗濯機は共同といったタイプだったのですが

シャワーユニットにすることでバストイレを別々に分けました。
ちなみに学生さんは風呂掃除が面倒かつ光熱費がかかるということで、ほとんど湯船にお湯を張ることはありません。

 

独立洗面台、冷蔵庫(据付、洗濯機もついています。)、玄関前にはおしゃれなシューズラックを置いて収納アップ。

居室は板の間と正方形フチなしの畳風。天井まである作り付けの棚も収納力抜群。
南向きなのでお部屋も明るいです。


コンロは2口なので料理好きには嬉しいポイントです。


正面は燃えるゴミ置き、左は分別ごみ用の置き場、右は屋根付きの駐輪場。
駐輪場横には自販機が置いてあります。ちょっぴり価格お安め設定。

先行下見予約会でもご覧いただけます。
詳細はこちらからご覧ください。 新築並み新品なお部屋を手頃な価格で!
大学も近いので何かと便利です。

1階もリフォーム済です。こちらは洗濯機は共同ですが、バスタブありのセパレートタイプです。

大家さんは寡黙だけれど学生さんの相談に色々とのってくれるお父さんのようないぶし銀な方ですよ!

アパート探しでわからないことがありましたら金沢工業大学住まいサポートデスクまで
お気軽にお問い合わせください❤


投稿日:2022/09/20投稿者:新篁スタッフ

大学指定寮・アパートは長い方だと40年以上工大生の親代わりとしての大家さんをしていただいているところもあるのですが、先日中山ハイツの大家さん(この方も親子2代に渡って寮をされています。)から、こんなものが見つかったと頂いたのは、大学のポストカードセットでした。これ、ある意味お宝ですよ。一部ご紹介~~~


左上:BOKホール 緞帳は人間国宝木村雨山(金沢出身の加賀友禅染織家)意匠だそう。
左下:今はなくなってしまった昭和43年開設の穴水湾自然学苑。工大祭時期恒例の100キロ歩行の出発地点でもありました。
右上:図書館。ライブラリーセンターが建設されたのは1985年らしいのですが、その前の図書館なのかしら…どなたかご存じでしたら教えてください。
右下:タイトルは【キャンパスにみなぎる人間賛歌】とありました。雰囲気からすると1970年代でしょうか?円陣になってフォークソングを歌い始めそうな雰囲気が・・・まさに青春キャンパス。

左上:教育工学研究所の放送センターと中継車。視聴覚教室、LL教室、学内随所に設置してあるテレビに映像を送る放送センターと説明にありました。よくわからないけどその規模感に驚いてしまう・・・
左下:校舎全景  至る所に田んぼが広がっているのどかな風景。野々市市も石川郡野々市町だった頃です。
右上:益谷記念館。大学本館
右下:大学正門

このキャンパスから何万(何十万?)という卒業生が旅立って、色々な分野で活躍されているのかと思うとワクワクします。歴史を感じた瞬間でした。

投稿日:2022/09/01投稿者:新篁スタッフ