日記 2022年7月 | 野々市市周辺の不動産をお探しなら株式会社 学侑社 住まいサポートデスク 新篁にお任せ下さい。

【公式】金沢工業大学 住まいサポートデスク「新篁」(株式会社学侑社)

営業時間9:00~17:30(土曜日 /9:00~13:00)定休日日曜日・祝日 夏期休業期間、年末年始

日記

DIARY

世間では3連休、その最中16,17日に金工大では夏のオープンキャンパスが3年ぶりに対面式に開催されました。当日お越しの方もたくさんいらっしゃって、久しぶりに賑やかな風景が見られました。
ランチ体験もあったので、皆さまガクショクメニューを堪能してくださったでしょうか?
23号館にて開いた工大指定アパート・寮のブースは、静岡や千葉、長野、新潟、栃木と遠くからたくさんの人にお越しいただきました。ありがとうございました!
指定アパートに入居している学生さんスタッフには『この大学にした決め手は?』『課題は多いの?』『仕送りってどれくらい?』『このアパートに決めた理由は?』など様々な質問が飛び交っていました。
『大家さんが入居者向けに懇親会を開いてくれて寂しくなかった』などの答えに、面倒見の良い大家さんがいるアパート・寮に感心している親御さんも多くおられました。
お昼には保護者対象の指定寮・アパートについての説明会が行われ、実際に住まわれている学生さんにプレゼンをしていただきました。大教室を2つ使って中継でつなげた説明会でしたが、学生さんの生の意見『実際住むとバスタブは必要がない』『苦手な科目をすぐ聞ける頼りになる友人をゲットしておこう!!』などにうなずきながら聞き入っている親御さんが多くいらっしゃっいました。

夏が終わるといよいよ推薦系の入試が本番を迎えますね。
入学したての頃は、人見知りで他人の顔を見て喋ることが出来なかったような学生さんが、数年たつと地域のボランティアの代表として活動をしていて、はきはきとマスコミインタビューに答えていたり、敬語の存在を知らないキングオブタメグチの学生さん(初対面の時、ど・・・・どうしよう…これは注意してもよいものなのだろうか…と懸念しましたが)がいつの間にやらサークルの長として活動しているうちに、受け答えが信じられないくらいしっかりするようになっていたり、在学中に勉学だけでなく、多方面ですごく力を付けたんだなぁという学生さんがたくさんいます。
志望校を決めきれていない学生さ~ん、金沢はいいところですよぉ。工大も指定アパート・寮の大家さんも面倒見の良さでは全国屈指!!
是非是非春には金沢の桜を愛でてくださ~い。
お待ちしております!

投稿日:2022/07/20投稿者:新篁スタッフ

昨日は女子学生さんのお部屋の様子を見てもらったので、今日はもう一人の男子学生さんのお部屋の取材の様子をお伝えします。
こちらのアパートは1994年築。とはいえリフォーム済なので、めっちゃきれいです。入退去者の入れ替えの際にはクロスの張替えのみならず、窓枠のコーキングまで毎回交換しているという徹底ぶり。(大家さんは大らかな感じでずっとO型だと思っていましたが、部屋の隅々まで気になる箇所は徹底的に修繕する姿勢はもしやA型ではないかと思い始めているスタッフです。)
こちらのアパートは大学からは徒歩15分くらいの住宅街の一角にあります。
近くにはドラッグストア、コンビニがありますし、内科や歯医者なども歩いてすぐです。静かに便利に生活したい人にはぴったりのアパートです。
冷蔵庫・洗濯機・電子レンジはお部屋に備え付けです。(写真の机・椅子は私物ですが・・)大学指定アパートでは多いパターンなのですが、天井までの大きな本棚と一間分の収納があります。一人暮らしなら十分な収納スペースといったところでしょうか。7.5帖のお部屋だと机・椅子・ベッドプラス真ん中にローテーブルを置いても余裕がある感じです。座椅子に座ってノートパソコンを膝にのせて勉強している風のポージングで撮影されていました。ちょっと照れ気味・・・
お部屋はすっきりとしていて本人に負けず劣らずさわやか~~。押入れにとりあえずいらないものは押し込んだからと言っていましたが、それでもこれだけきれいに保てているのは素晴らしい!
爽やかイケメンでごはんはおしゃれにオープンサンドでも食べてるような気がしたけれど、そこは男子大学生、行きつけは大学近くの松屋だそうです。
ちなみに彼は下見シーズン中 住まいサポートデスクで、アパート案内でいろいろと活躍してくれました。今年の秋の先行下見予約会でもお手伝いよろしくお願いします!!

このアパートの詳細はこちらからどうぞ

投稿日:2022/07/13投稿者:新篁スタッフ

今週末は金沢工業大学では夏のオープンキャンパスが開催されます。住まいサポートデスクもブースを出しています。是非ご来場ください!大学指定アパートに住んでいる学生さんたちがアパートのことや大学生活について生情報を色々とアドバイスしてくれますよ!23号館1階でお待ちしてま~す。
 先日 大学指定アパートに入居中の1年生の女子と2年生の男子にご協力をいただいて、オープンキャンパスで配布するパンフレットの中の『学生さんの住まいについて』の撮影がありました。
女子学生さんが入居しているところは工大の指定アパートの中では最高峰のいわゆる学生マンションです。
築浅ではありませんが、常に進化し続けているので全然古さが感じられません。むしろどれだけ手を入れたらこんなにきれいに保てるのかしらという感じのお部屋です。
ベッド、机、椅子に加え、電子レンジや冷蔵庫も備付なので、身一つでお引越ししてきてもほぼ問題なし。
玄関先にはさりげなくドライフラワーが飾られていて、素敵な空間。お部屋の中は女の子らしくキュートなぬいぐるみやアクセサリーが飾ってあって、一人暮らし楽しんでるなぁって感じがします。
このマンションは管理人さんが駐在しているので、マンションからの出入りの際にはよく管理人さんとも話をされるそうです。そして両者ともJO1ファンという共通の趣味が発覚して盛り上がっているそう。
(それぞれの推しは違うらしい・・)管理人さんにもらったというお手製の推しメンマグネットがキッチンにつけられていました。
毎日きちんと自炊もされているとのことで、キッチンには料理本がおしゃれに並べられていました。
最近はおかゆにはまっているらしく毎日いろんな種類のおかゆづくりにチャレンジしているそうです。

住まいから大学まではウルトラマンの変身時間程度とすぐそこ、ドラッグストアはほぼお隣(野菜やお肉も売っているので一人暮らしだとほぼスーパー代わりに使えます。)、金沢B級グルメのチャンピオンカレー(通称チャンカレ)もすぐ目の前(女子のヘビーユーザーは見たことないけど)、地の利は抜群。大家さんが新入生の懇親会も開いてくれたりでホームシックになることもなく学生生活を楽しまれているようでした。
中々学生さんのお部屋にお邪魔することはないので、彼女の取材の受け答えを聞いているうちに娘を持った母の気持ちで「うん、ここなら悪い虫もつかないわ。安心安心」
と思った次第でした。
美穂ちゃん(馴れ馴れしくてすみませぬ)、ご協力ありがとうございました!

このマンションの詳細はこちらからご覧ください。

投稿日:2022/07/12投稿者:新篁スタッフ

毎日灼熱砂漠の中にいるような天気となっています。こんな日だけど金沢では7月1日には口の中の唾液がすべて持っていかれるようなお饅頭が飛び交っています。饅頭を求めて和菓子屋さんには列ができます。
これは氷室饅頭というもので Wikipedia によると

加賀藩前田家は毎年7月1日(旧暦6月1日)になると氷室の雪氷を幕府に献上していた。
加賀藩5代藩主前田綱紀の時代になると、金沢の菓子屋の道願屋彦兵衛の考案で饅頭が作られ、道中の無事を    祈り神社に供えられた。この出来事が氷室饅頭の起源と伝えられる。
明治時代になっても、7月1日は氷室開きの日(氷室の日)とされ、無病息災を願って饅頭を食べる習慣が残った。

 そんなわけで年に1度、7月1日は金沢の人間は何やかやと複数個のおまんじゅうを食べてしまうのです。
血糖値がやばいことになります。まんじゅうこわい・・・
大家さんの中には、入居の学生さんに毎年氷室のお饅頭を配っている方もおられます。ラッキーな入居者の方、金沢ローカル慣習を楽しんでください。食べきるまで無言でなくてもOKです。(恵方巻やないって)
ローカルな慣習、結構ありますよね。氷室の日は7月1日ですが、お隣の福井では半夏生(今年は7月2日)には鯖の一本焼きを食するとか。
全国津々浦々から来ている学生さんの出身県でもそんな慣習ありますか?
是非教えてくださいませ。


投稿日:2022/07/01投稿者:新篁スタッフ