日記一覧 | 野々市市周辺の不動産をお探しなら株式会社 学侑社 住まいサポートデスク 新篁にお任せ下さい。

【公式】金沢工業大学 住まいサポートデスク「新篁」(株式会社学侑社)

営業時間9:00~17:30(土曜日 /9:00~13:00)定休日日曜日・祝日 夏期休業期間、年末年始

日記

DIARY

今年度ファードⅡでは3名の新入生が新しく入居をされました。
3人が入居完了した3月24日にアパートの入居学生の先輩2名に来てもらって顔合わせ会をしました。
普段から寡黙なA君が先に来て学校についてレクチャーをしてくれました。
(本人は人見知りでドキドキしながらいろいろと話のネタを考えてくれていたみたいです。)
その後マシンガントークのB君が来たときには心底ほっとした顔をしていました。
B君は生活についての有意義な話をこれまたどれだけ情報がある~というくらい教えてくれました。
『○○の総菜は7時から安くなるからお得!』 『△△の店は××が美味しい』などおばちゃんが知らないようないろいろな話を伝授していました。

最後におばちゃんは言いました!
『うちは他のところと違っておばちゃんの人使い荒いからねぇ。そこんとこよろしく頼むよぉ。』
新入生三名は
『はい!!いつでも連絡してください!』
とこれまた素直に返事をしてくれました。
まさかすぐにお呼び出しが来るとは思ってもいなかったと思いますが・・・

先日たけのこご飯を炊きました。寸胴で筍とお揚げを先に煮ておき、その煮汁でご飯を炊きます。
15名の入居者で2升分。この釜を下ろしたいのですが、いつも手伝う娘が不在ときます。
小柄で非力なおばちゃん、ここはこの前素直に返事をしてくれた1年生を頼ろうと早速メールをしてみました。
丁度新潟出身のA君が
「いいですよぉ!大家さんの家に行けばいいですか?」
と返信をくれました。
ほどなくA君が来てくれて重たい釜を下ろしてくれたので、
ごはんと具を混ぜ込み、容器に山盛りにどんどん詰めていきました。
一緒に車でアパートまで筍ご飯を運び、101号室から順番に学生さんに差し入れを始めます。
A君は自分のご飯を部屋に置いてから合流すると言っていたけど、中々戻ってこないなぁと思いながら回っていると2階から元気な声が聞こえてきました。
ピンポ~ン。
「こんにちはぁ、大家さんからのお届け物で~す!!」
・・・彼はすでに2階で差し入れに回ってくれていました。
「大家さん!〇号室と△号室は不在でしたよ!」
と報告もしてくれます。
予めみんなにラインで差し入れの件はお知らせしていて、不在の時は開錠して玄関先に置いておくことを伝えてあったので順番に置いていきます。
A君のおかげでいつもの半分の時間で効率よく配ることが出来ました。

「僕、アパートの中で一番暇ですからいつでも使ってください!」
と言ってくれて、おばちゃんとしても大変ありがたいのですが、親御さんに怒られちゃうのではと心配しています。(・・と言いつつ実はその翌日 A君ともう一人の新入生B君にお願いして大型の荷物を2階まで運んでもらったのですが・・・)

3人の新入生は部活紹介も一緒に回っていたようで結構気心知れた仲になっているようです。
部活紹介をしていた学生さんに
「僕は隣に誰が住んでいるかも知らんなぁ。かといって今更仲良くしたいって挨拶しに行くわけにもいかんしなぁ。」
と言われたとか・・・

ここ3年はアパートの入居者全員を呼んでの顔合わせ会や学校で指定アパートの1年生が集結する「新入生歓迎会」もありませんが、
おばちゃんのアパートで入居してもらったのも
袖振り合うも他生の縁躓く石も縁の端くれ」
入居者同士の縁、大家との縁を丁寧に紡いでゆきたいと思います。
人使いは荒いけど・・・・皆様よろしくお願いしますね。

ファードⅡの大家 高野さんの独り言でした



投稿日:2022/05/24投稿者:大家さん

知る人ぞ知る金沢工業大学は献血をしてくれる学生が多い大学です。
年間1000人を超える学生がコンスタントに協力してくれているんです。
去年は年間15回の献血協力がなされたとのことでこんな記事もありました。
https://www.bs.jrc.or.jp/tkhr/ishikawa/2022/02/post-197.html 石川県血液センター

私も10年ぶりに献血してきました!
受付待ちをしていると続々と若人がくるくる。
若者の血の方が新鮮でいいのかも…とおばちゃん一人たじろぎつつ受付をすると
400mlでお願いしますねぇ~~!
とのこと。先に献血受けていたら今日の健康診断、体重スリムになっていたんじゃない?と不埒なことを考えつつバスの中へ。
10年たつとヘモグロビン測定も注射針じゃなく、指先穿刺になっていてびっくり!
こりゃ楽だわ。
バス中も男女問わず学生さんが次々と来られます。
この勢いだと確かに年間1000人超えるかもなぁ・・
コロナ禍の中、若い人の献血機会も少なかったそうですが、機会があればみんな積極的に協力してくれているんだなあ・・とちょっと感動しました。
私の隣で採血している学生さんは初体験だったみたいで若干緊張気味。
丁度彼の頭が私の足の前にくるので『私の足臭くないかぁ??大丈夫かぁ???』
と非常に不安に駆られましたが・・・・
お土産に袋めんとレトルトカレーをもらって終了。
一人暮らしのが学生さんには中々魅力的なセレクトかも・・
ボランティアの学生健康委員会の皆様もお疲れさまでしたぁ!


投稿日:2022/05/18投稿者:新篁スタッフ

GWも終わって週も半ばとなりました。
休み中は天気も良くて学生さんのアパートのベランダを見るとお布団やら布団カバーが干してあって、みんなマメだなぁ~と感心。
大学近くのスーパーも研修中の名札を付けた学生さんらしき若者が緊張した面持ちでレジ打ちをしていました。(多分にこの界隈のお店の9割は工大生のバイトさんだと思いますが・・)
5月はいずこもフレッシュ感であふれています。
♪♪フレッシュ、フレッシュ、フレ~~ッシュ♪と夏の扉を開けたくなるのは10代の若者ではなく昭和枯れすすきな我が身なのですが・・・
そんなGW前に工大指定アパート大家さんの紀子さんが学生さんに差し入れをされたお話をご紹介!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
自炊疲れもあると思って先日、アドラーハイム管理室でタコライスの差し入れをしました。
ガス釜を新調し、手慣らしのつもりでしたが、ほとんどの学生さんが食べたーい!
ということでお手伝いしてもらって18食作りました。
出来立てを食べてもらおうと盛り付けをお待ちいただく間、アパートの人との交流もあってとても良い時間となりました。
今日はイーグルハウスアリオールの学生さんにたけのこご飯のお弁当の差し入れです。
私も楽しませてもらってるかも💛


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

学生さん同士の交流もできて和気あいあいしていてすごく楽しそうですね。
この前ツイッターを見ていたら『うちのアパートの大家さん、神!!』と発熱をした時に差し入れをしてくれた指定アパートの大家さんのことをつぶやいていた学生さんがいました。
”面倒見の良い大家さんが学生さんを見守っています”という住まいサポートデスクのアピールポイントがいろんなところで聞こえてきてうれしい限りです。




投稿日:2022/05/12投稿者:新篁スタッフ

大学院まで6年間東谷マンションで過ごされ先日卒業したF君が『東谷マンションをおすすめします!』とこんなメッセージを送ってくれました。面はゆいですがこんな風に紹介してくれるのはうれしい限りです。

私は、大学院までの6年間、特に以下の理由からお世話になりました。
①夕飯の提供や共同スペースの掃除があり、その分、学業への時間を確保できる。
②寮での出会いが学生生活を送る上で有利である。
③大家さんが、賃貸人と賃借人の関係以上にサポートしてくれる。
本学は、課題やテストが多く、出席点の割合が高いことが特徴です。そのため、上記のことが非常に助かります。
学費に見合った成績や経験を得るには、それに適した環境に身を置くこと大切だと、振り返って思います。
この寮でステップを踏み、生活に慣れることをお勧めします!

F君は群馬出身、東谷マンションで食事のお手伝いのバイトをしてくれている女子たちに『彼氏にするならF君のようなタイプだよねぇ~』と言わしめる爽やか系イケメンです。
我が家の愛犬のアルバムを作ってくれたりで写真の腕も確か。ポラロイド、フィルム、デジタルとカメラも多種多様なものを持っていて、卒業間際には能登までレンタカーを借りて一人旅をして想い出をたくさん作ってきたみたいです。
そんな彼は新入生当時は英語と数学が苦手で授業についていくのに必死だったようです。
自習室で日々勉強をしていて、身の回りのことをする余裕もなかったといいます。
工業高校出身なので専門課程は得意分野とするところですが、1,2年時は本当に頑張って勉強していました。それがしっかり身についているなと思います。
退去するときには私たち夫婦とF君と東谷マンションの前で記念撮影をしました。
この寮もあと3年で閉寮となってしまいますが、たくさんの想い出が重ねられています。
巣立っていった学生さんたちに思いを馳せる3月のとある日曜日です。

東谷マンションの大家さん一恵さんの独り言でした

投稿日:2022/03/22投稿者:大家さん

節分に恵方巻きの差し入れをしました。帰省して入居者全員には渡せなかったのが少し残念でしたが、
連絡を入れたら『大きな口開けて待ってまーす』と毎年この日を楽しみにしてくれる学生さんもいて、こちらも気合が入るというものです。(お吸い物ももれなくつけてのお渡しです)
お料理好き女子のアリオールのめいちゃんが、今回も
『何かお手伝いすることあればしますので言ってください!』
というので、手渡しを手伝ってもらいました。
そのあとは管理室でちぎりパンを作ってくれました。
鍋で焼いたのですがこれが中々にふわぁッと美味しく焼けました。
食べながら、春になったら何かアパートの学生さんたちと一緒に作るのもいいねーと盛り上がりました。はてさてどうなることやら・・乞うご期待です。

コロナになってから早3度目の春を迎えることになります。
毎年していた顔合わせ会は今回も難しいかなと思いますが、親代わりを自認する大家としては色々と工夫して学生さんとの繋がりを持ちたいと思っています。
めいちゃんのような学生さんがいてくれるから、私も頑張って前に進めそうです。感謝!!

アリオールアドラーハイムイーグルハウスの大家 紀子さんの独り言でした 

投稿日:2022/02/07投稿者:大家さん