日記一覧 | 野々市市周辺の不動産をお探しなら㈱学侑社 KITサービスセンター寮・下宿斡旋 新篁にお任せ下さい。

金沢工業大学 寮・下宿相談室「新篁」(株式会社学侑社)

営業時間9:00~17:30(土曜日 /9:00~13:00)定休日日曜日・祝日 夏期休業期間、年末年始

日記

DIARY

コロナ禍の影響で今年は例年になくネットでのお部屋探しが多かったようです。
ほおずきApt.でもネットでの入居決定が増えました。
その中でZOOMでの対面下見【大家toオンライン】をご希望される方がおられました。
年末に大学の寮・下宿相談室からZOOMの使い方講習を受けたとは言うものの
わからないことだらけではあったけれども物は試しと
腹をくくっての大家と入居者のリモート対面を行いました。

Kさんを私のZOOMにご招待して緊張しながらご家族の方とお話をしたりお部屋の案内をしました。
初めての経験でしたので、途中でカメラが逆に映ったりで大慌て・・
「ごめんなさい!これが初めてのZOOMで・・・すみません!」
の連発でした(汗・・汗)
Kさんは寛大に
「大丈夫ですよ。よ~くわかりますよ、ちゃんと見えています。」
とご家族4人とも温和に対応してくださってほっと一安心しました。
お引越しの日に初めて会ったのですが、画面を通してお会いしているからか
なんだか以前からの知り合いのように感じました。

顔を見てお話しできたことでリアルな下見ではなかったけれども
学生さんにも保護者の方にもご安心いただいてこの日を迎えていただいたようでほっとしました。

いよいよ新入生の一人暮らしが始まり、3月最終のとある夜8時ごろに皆さんのお部屋を
「元気にやってますかぁ?」
と訪ねました。
「今、カレーを作って食べているところです。」
「あら、おばちゃんとこといっしょね。我が家も今日はカレーなのよ。」
などみんなの献立を聞いてみると 焼きそば・野菜炒めなど初めての自炊、頑張っている様子が伝わってきました。
K君のお部屋では
「今家族でZOOMで話をしています。」
と言っていました。なるほどZOOMだったら声だけでなく顔をみて話せるから
離れていても安心ですよね。世の中便利になったなぁ~としみじみ・・
新しい時代でのお部屋探しの多様化に大家も対応できるように
準備していかなければと思ったおばちゃんでした。

ほおずきAptⅠの大家さん 貴代美さんの独り言でした


投稿日:2021/04/05   投稿者:大家:中村さん

アパートを下見のうえ、お部屋を決めてくださった新たな入居者の親御さんより、先日地元の特産物が届きました。

中には心温まるお手紙が入っており、下見の際のお礼と、ご本人・ご両親ともにアパートが気に入り決めたとのこと。また、大家の人柄もアパートを決める大きな要素だったとのことで、大変面映ゆい気持ちです。

一人暮らしをさせるのはとても不安だったけど、私どものアパート管理(アパート周辺を見回っているなど)に、ご子息を安心して送り出すことが出来るとの内容も記されていました。

主人は雨の日も風の日も毎朝アパート周辺を見回り、私は遠からず近からずで学生さんと接するように心がけているので、お手紙は大変励みになりました。

お引越し荷物のほとんどを配送業者に依頼されるとのことであり、大家が代理で受け取りさせていただくことになります。

お部屋の方は3月中旬以降でしたらいつでもお荷物を受け取れますとのお話をさせていただいたところ、布団・電気製品などはすでに手配され、それぞれの業者から、直接大家に受取り日時確認の連絡がありました。

今までは、入居者さんが大家に受取日を確認し、業者にお荷物を手配されていましたが、この様に業者からの直接確認はとても良いことかも(?)と思いました。(これも、ひょっとしてコロナウイルスによる新たな入居スタイル?・・)

 

アドラーハイム・アリオール・イーグルハウス大家 紀子さんの独り言でした

投稿日:2021/03/01   投稿者:大家さん

現在はファードⅡというアパートをしていますが、
溯ること35年前は高野寮という賄付きのアパートをしていました。
当時の工大生は今と違って中々のバンカラ気質、やんちゃ坊主が多い時代でした。
そのころの学生さんも今では50歳越え、会社でも家庭でも忙しい世代です。
それでもたまに「おばちゃん、元気かぁ?」と尋ねてきてくれたり、
コロナ禍で会いたいけど行けないからと地元の名産品を送ってくれたり
未だに細々と交流が続いています。
高野寮1期生、現在54歳のKさんは電気電子の学生でした。
寮生の電化製品が故障をすると
「専門ですから、直して進ぜましょう」
と圧倒的信頼の上に預けたものが数日で故障から破壊品となって
クレームがつくのを満面の笑みで交わしていた明るい学生さんでした。
卒業後も第2の我が家と思ってくれていたのか
金沢出張が多かったのでしょっちゅう顔を出してくれていました。

コロナが流行りだしてから専ら布マスクを作っては知り合いに配っていたのですが
そういえばKさんにも送ろうかしらと思って電話をしたところ
「実は今千里浜! 誕生日休暇で3日間休みもらったんで遊びに来てるんです。」
それならうちに寄ってよ!ということで
17年ぶりに遊びに来てくれました。
「ほんとはもう少し早く顔を出したかったのですが
身体調子が悪くて、積極的に外にも出たくなくて
こんなに時間がたっちゃいました。」

『きんちゃん(Kさんの同期)にはもう孫もおるげんてよ』
『けんちゃんは原付で富山から遊びに来とったんよ。』
なんて寮生の現在にひとしきり花が咲いたところで

「久しぶりやし、記念写真撮らんなんわ!
外出よ出よ!」
と自宅前に引っ張り出して 通りすがりの知らない人に
「悪いけど写真撮ってくれませんかぁ?」
とお願いしておばちゃんのデジカメでパチリ。

「・・・おばちゃん、僕一眼レフ持ってきたんだけど
使わずじまいや・・・」

「細かいこと気にしなさんな。
このデジカメでもそこそこいいがに映るもんやって!」

卒業した30年前とは風景も姿も
お兄ちゃん、おばちゃんから
おじちゃん、おばあちゃんに変わっているかもしれないけれど
しゃべるとすぐに30年前に戻ってゆきます。

日本中におばちゃんが日常を過ごした息子たちが
いるんだなと思うと
大家業っていうのは大変なこともあるけど
心の糧を増やしてくれてるなと
ありがたく思います。

今や孫とほぼ同じ年齢の学生さんが
アパートに入居されていますが
この子たちとも末永く付き合ってゆきたいなと
思う次第です。

ファードⅡの大家高野さんの独り言でした

投稿日:2020/11/19   投稿者:大家さん

先日は恐怖のハロウィンメニューをご紹介しましたが、今回は呑み助垂涎の至高メニューをご案内。
11月6日はカニ漁解禁の日。
金沢では近江町市場はもとよりスーパーでもてんこ盛りにカニが置かれて
ちょっとしたお祭りです。

殊にメスのズワイガニ、こちらでは香箱と呼びますが、地元民にとってはズワイ以上に香箱LOVEなのです。
とっても美味しいのだけど甲羅に身を詰めてセットするのは結構大変、
私は早々に諦めました。
無口な食卓でいい、みんな自分で食ってくれいと放置プレイにすることに。

でも中山ハイツは違うんだ、写真は解禁早々のとある日の食卓、大家さんは一人1杯のカニをみんな食べやすく詰めてくれてます。
うちにも必殺料理人で出張依頼できないでしょうか?
腱鞘炎になるからお断り?いやいや、今年は大丈夫だったって言ってたじゃないですかぁ。
おでんも味シミシミでむちゃおいしそう・・・年に1度の赤字覚悟のこのご馳走、うらやましい限りですね。

メスの漁期は今年いっぱいなので食べたいと思った時が吉日。
もし先行下見予約会で金沢にお越しの際はぜひ今しか味わえないカニと美味しい日本酒を楽しんでくださいね。

中山ハイツも先行下見予約会参加の寮です。
気になる方はこちらから→





投稿日:2020/11/12   投稿者:新篁スタッフ

AOの合格発表がありましたね。合格された皆さん、おめでとうございます。
次は一人暮らしの準備に入るわけですね。
私たち寮・下宿相談室スタッフ&学生さんの見守り人でもある指定寮の大家さんたちも微力ながらお手伝いさせていただきます。
週末は大家さんたちのZOOMの講習会がありました。
もしコロナで下見に来られなくとも面倒見の良い大家さんとお話をしていただき、
お部屋を見てもらえたらいいなとの思いでの開催です。(予定では来年から開始するはず・・)
・・ってスタッフの私自身がコロナ禍のIT化について行っておりませんが。
愚息にジョージャクと罵られて早幾年のおばちゃんですから・・
駅の掲示板にメッセージを書いて待ち人を待つ世代ですもの。
講習会ではデジタルネイティブ世代の若手スタッフの言うことを
ただただわけもわからずひたすら聞くだけ・・・
「この次どうやったらいいんけ?」
と大家さんに聞かれるのを若手スタッフに伝言するだけの役割でございました。

ZOOMの呼吸 壱の型サインアップで大家さんの半分がバッサリ斬られ
弐の型 サインインでまたもや斬られまくり
で・・・でもみんな年相応に痣者(シミ者?)になっているのでこれから能力が開花するはず・・

もっとも現役工大生はzoomでオンライン授業を受けているので
大家さんの導き手となってくれることを期待して
どうしても下見に行けないけれど大家さんと話がしたい方は
ご相談くださいね。(一応来年の下見が始まってからってことで頑張りますんで・・)


投稿日:2020/11/04   投稿者:新篁スタッフ